浪人生が予備校で医学部に挑戦する

合格するまで3年ほどかかった

医学部 予備校 : 医学部専門予備校・代官山メディカルの評判を調査

合格するまで3年ほどかかった予備校は効率的なカリキュラム独学を続けていたら合格できなかった

医学部に入るにはかなりの努力が求められます。
私は子供の頃から医師に憧れていたのですが、現役で合格することができず浪人することになりました。
最終的に合格するまで3年ほどかかっています。
受験勉強で最も難しいのは、何をどれだけ学べばよいのかを見極めることです。
予備校に通えば効率的なカリキュラムが組まれており、どの分野をどれだけ学べばよいのか自分で見極める必要がありません。
独学で勉強している場合には、優れた教材の存在が重要になります。
自分で何をするべきかを見極めることができても、参考書や問題集など効果的な教材がなければ学習を上手く進めることができません。
世の中には様々な大学があり、多様な学部・学科が存在します。
その中でも医学部は難関で、受験者の数もそれほど多くはありません。
特に国立医学部は非常に難しいことで知られています。
挑戦するためには専門家のサポートが不可欠です。
私は最初独学で医学部に挑戦しようと思いました。
予備校に行くと費用がかかるので、なるべく市販の教材を使用して独学で挑戦するのが両親に負担をかけずに済むと考えたからです。
しかしある程度の点数を取ることはできても、合格ラインを突破するには至りませんでした。

医学部の地域枠定員の現状 - 大学受験 東研学院予備校https://t.co/uvkJi0LJZm

— 東研学院予備校 (@token_ne) 2018年4月7日