浪人生が予備校で医学部に挑戦する

予備校は効率的なカリキュラム

医学部 予備校医学部専門予備校・代官山メディカルの評判を調査

受験勉強は時間をかければよいというものではありません。
私は毎日10時間以上勉強をしていましたが、結果を出すことができませんでした。
その理由は合格に必要なカリキュラムを上手く組むことができなかったことと、効果的な教材に出会えなかったことにあります。
確かに市販されている参考書には、合格に必要な知識が掲載されています。
しかし試験では全ての知識が問われるわけではありません。
毎年のように問われる知識もあれば、数年に1回しか問われないような知識もあります。
医学部の試験範囲とされる知識量は膨大ですが、本当に重要な部分とそうでない部分のメリハリをつけることが重要です。
独学で難関試験に挑戦する場合の最も困難な点は、効果的なカリキュラムを組むことが難しいという点にあります。
また一般的に参考書や問題集は、受験者数が多い試験ほど優れたものが作られる傾向が存在します。
受験者数の少ない試験はあまりよい教材が市販されていないため、試験の難易度をさらに高めています。
予備校を利用すれば専門家に効果的なカリキュラムを組んでもらうことができます。
合格するためにどの分野をどれだけ勉強すればよいのか、いつまでにどの程度のレベルに達していればよいのかが分かります。

合格するまで3年ほどかかった予備校は効率的なカリキュラム独学を続けていたら合格できなかった